デザイナーの皆さまへ
おいしい東北
パッケージデザイン展2019

デザインの力で、魅力あふれる商品パッケージを!
<おいしい東北パッケージデザイン展2019>

東北経済産業局では、「商材のパッケージを改善したい!」という企業の商材を東北6県から募り、その商材の新たなパッケージデザインを全国のデザイナーの方々から募集します。
ご応募いただいた作品は審査の上優秀作品を選定。実用化を目指します。受賞作品・入選作品は展覧会「おいしい東北パッケージデザイン展2019及びおいしいを一緒につくるデザインコンペ2019」にて展示、表彰を行います。東北各県の商材を彩る、魅力あふれる作品をお待ちしております。

応募の流れ


  • 企業・商材を決める
    対象企業(商材)


  • 応募要項を確認
    応募要項


  • 申し込む
    申込締切 9/27(金)

    ※エントリー受付は終了しました。


  • 作品と出品票を送る
    提出期間 10/10(木)~16(水)
    出品票出品票

作品提出先

「おいしい東北パッケージデザイン展2019 及び
おいしいを一緒に作るデザインコンペ2019」運営事務局 宛

〒984-0011 仙台市若林区六丁の目西町1-43
仙台印刷工業団地協同組合
ビジネスデザインセンター

対象商材のセット販売について

おいしい東北 パッケージデザイン展2019 対象商品詰め合わせ

「おいしい東北 パッケージデザイン展2019」の対象商品をセットで販売します。ぜひ対象商材を購入し、実際においしさを味わってからデザインしてください。商材を購入することも、参加企業の支援につながります。

販売は終了いたしました

商材の販売情報

販売価格
9月30日(月)出荷まで 2,000円(税込)
10月1日(火)出荷から 2,037円(税込)
※代引き手数料込
※配送料は下記表の通りご負担いただきます
販売期間
8月26日~受付開始
※在庫100個がなくなり次第終了いたします
9月6日~順次配送予定
商品について
  • 常温の商材を詰め合わせております。冷蔵・冷凍の商材は、各企業の購入サイトよりご購入ください。
  • 詰め合わせの内容は、「銀サケのオリーブオイル漬(170g)」「王将そば(200g)」「焙煎菊いも茶(8包入り)」と「シードル(空き瓶)」「純米吟醸 豊国 千代寿(空き瓶)」となります。
  • 対象となる商材とは量が異なる商品も含まれております。
  • 酒類につきましては、空き瓶での提供となります。
ご購入について
お支払い方法は今回は代引き(現金のみ)の対応となります。
配送料
域名 配送料(税抜)
北海道 1,240円
東北・関東・信越 940円
北陸・中部 1,040円
関西 1,140円
中国・四国 1,340円
九州 1,540円
沖縄 1,940円

離島料金別途実費を請求させていただきます

返品交換について
万一不良品等がございましたら、在庫状況を確認のうえ、新品と交換させていただきます。商品到着後5日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。
納期について
商品の注文を確認後、準備が整い次第、ヤマト運輸で配送いたします。
※大雨や台風などの天候状況により、運送に遅れが生じる可能性がございます。ご了承ください。

特定商取引法に基づく表記

デザイン対象商材(企業)

    • No.01ほたての正直
      株式会社山神(青森県青森市)
    • 冷たい雪解け水が流れ込み、植物性プランクトンが豊富な陸奥湾のホタテ。そんな陸奥湾で育った甘く柔らかいホタテを、鮮度を逃さず素早くボイルし、急速冷凍。また、加工の過程で真水を使うと、浸透圧でホタテの旨みが逃げてしまう。山神では厳しく管理された滅菌海水を使用し本来の旨さを逃さない。主に業務用の商材だったが、今後は一般の消費者の食卓に届けていきたい。品質とこだわりがしっかりと表現されたデザインを希望。
      オンラインストア:https://store.shopping.yahoo.co.jp/yamazin/
    • No.02杜の麺工房 仙台発仙臺みそやきそば 株式会社菅野食品(宮城県遠田郡涌谷町)
    • 伊達政宗の頃より食べられてきた地元名産「仙台味噌」をタレに使った味噌味の焼そば。焼そばの麺は茶色い太麺。2度蒸しでモチモチとした食感、かつ麺の水分を少なく仕上げているので焼き上がりの表面はパリッと。塩カドの立った仙台味噌の味にも負けない食べ応えがある。炒める事で香ばしさが増し、味噌の香りがより一層広がる。価値や独自性を表現しつつ、お客様の目に留まるようなデザインをお願いしたい。
      オンラインストア:https://item.rakuten.co.jp/tabetettei/kn-044/
    • No.03南三陸CANシリーズ銀サケのオリーブオイル漬 マルアラ株式会社及川商店(宮城県本吉郡南三陸町)
    • 環境に配慮した地域として、世界で唯一FSCとASCをダブルで認証されている南三陸町。その南三陸町で旬の時期に水揚げされた魚介類を、鮮度と美味しさを保ったまま缶詰にしたシリーズ。銀鮭のほか、牡蠣、ホヤ、帆立、鯖、ムール貝などがある。無添加、無着色で健康と環境に配慮した商品として昨年から販売している。昨年震災から工場が復旧した。新たな船出、新たな方向性を示す、企業イメージを刷新する独自性のあるデザインを希望する。
      ウェブサイト:http://www.maruara.jp/
    • No.04とうふカステラ
      株式会社つじや(秋田県大仙市)
    • 昔から引き菓子、お茶うけとして愛されている郷土菓子で、搾った豆腐に魚のすり身、砂糖、卵などを混ぜて焼き上げたもの。1枚1枚手焼きしており、1日につくれるのは30個ほど。豆腐も特別に作ってもらっているというこだわりだ。程よい甘さで、そのままでも美味しいが、わさび醤油やポン酢とも相性がよい。万人受けする必要はないが、商品の味や特性、価値が伝わりやすいデザインへ変更したい。
      オンラインストア:https://www.rakuten.co.jp/tsujiya/
    • No.05純米吟醸 豊国 千代寿
      千代寿虎屋株式会社(山形県寒河江市)
    • 霊峰月山の雪解け水が寒河江川を流れ、田畑を潤す山形県寒河江市。創業以来、地域密着の酒造りを基本としており、現在は原料である米はすべて山形県産米を使用。手間をかけた手作りの地酒を醸している。復活させた幻の酒米「豊国(とよくに)」を原料米とする、雑味が少なくキレのある香味豊かな純米吟醸。従来の日本酒のイメージを覆すスタイリッシュなイメージ、かつ日本らしさが表現されているデザインを望む。
      オンラインストア:http://www.chiyokotobuki.com/shop.html
    • No.06王将そば
      有限会社天童製麺(山形県天童市)
    • 昔ながらの製法で作られた、喉ごしのよい太打ちの田舎そば。天童製麺創業以来のロングセラーである。粉を4種類配合することで、食感はなめらかに。十分なミキシングで水を均一に回し、若干の熟成時間の後、昔ながらの定位置乾燥で2日間ゆっくり丁寧に乾燥を行っている。添加物や合成保存料は一切使用しない。将棋のまちとしても知られている天童の看板商品へ育てて行きたい。
      オンラインストア:https://tendoseimen.shop/
      ※ヒアリングシートに記載されている包材のサイズを修正しました。(9/2)
    • No.07焙煎菊いも茶
      有限会社ケーフーズ生田目(福島県東白川郡塙町)
    • 福島県の南部で栽培されるキクイモを焙煎してつくる、ほんのり甘い野菜のお茶。販売してから20年以上のロングセラー商品で、煮だして飲用する。血糖値上昇の抑制効果があるといわれている食物繊維(イヌリン)を多く含み、長年愛飲するお客様も多い。現在はこんにゃく関連の商品が主力商品だが、これからの柱になる商材として確立させたい。健康や美容に気を使う女性に手に取ってもらえるようなデザインで、新たな販路を開拓したい。
      オンラインストア:https://www.rakuten.ne.jp/gold/ksfoods/
      ※ヒアリングシートに記載されている包材のサイズを修正しました。(9/3)
    • No.08シードル&グリーンシードル
      ふくしま農家の夢ワイン株式会社(福島県二本松市)
    • 使用するリンゴは、すべて二本松名産の「羽山りんご」を使う。完熟した「ふじ」を使い、甘口でフレッシュな香りのシードルと、完熟前の「つがる」を使い、渋み・酸味も感じられる甘酸っぱい香りの「グリーンシードル」。炭酸注入に1週間から10日かけることで、上品な細かい泡の口あたりのよいシードルに仕上がっている。ワイナリーとして初めての、大切に育ててきた商品。ストーリーや美味しさが伝わるデザインを希望。
      オンラインストア:https://fukuyume.shop/

審査委員

  • 審査委員長加藤 芳夫 (公社)日本パッケージデザイン協会 専務理事
    クリエイティブディレクター

  • 大迫 修三 (公社)日本グラフィックデザイナー協会 事務局長
    グラフィックデザイナー

  • 小板橋 基希 株式会社アカオニ 代表
    アートディレクター・デザイナー

  • 左合 ひとみ 株式会社左合ひとみデザイン室 代表
    グラフィックデザイナー

  • 福島 治 有限会社福島デザイン 代表
    グラフィックデザイナー